料金に含まれる保証金の内容とは?

物騒な世の中になってきましたね。そして、ご家族や財産を守るために「ホームセキュリティの導入」を考えている方、大勢いらっしゃると思います。その中でも、「セコム」と「アルソック」で迷われている方、多いのではないでしょうか。

 

料金プランについて調べた方であれば、「契約内容から受ける印象はほとんど変わらないのに、ALSOKのほうが安い?」「でも、契約数ナンバーワンはセコム?」と思われる方、多いと思います。

 

セコムとアルソック、比較してセコムのほうが高い印象を受けるのは、「保証金」と「補償」があるからです。

 

「保証金」とは、カメラ、センサーなどの防犯機器を「買取」ではなく「レンタル」される場合、セキュリティ機器貸し出しの保証のために必要なお金です(防犯機器の買取設置の場合は、これは必要ありませんが、レンタルでホームセキュリティを始められる方が多いので)。ですので、基本的な契約期間である、『最初は五年、のち一年の自動更新』が満了すれば、保証金は返還されます(ただし、中途解約の場合は返金不可ですので、ご注意下さい)。

 

また、「補償」とは、簡単に言うと「保険」です。セコム加入中に被害に遭ったときに、被害額、契約内容、被害内容などに合わせた保証金が支払われます。ALSOKの場合、基本プランに含まれていませんので、その点を考えると、セコムのほうがお得な印象を受けます。

 

要するに、返還されるお金の「保証金」と、「補償」の分だけ、セコムが高い、ALSOKが安い印象を受けるというわけです。

 

ホームセキュリティの導入を考えている方は、受ける印象や比較サイトを鵜呑みにせず、「サービス内容」「求めているサービス」を担当者と話し合いの上、価格を比較してみてくださいね。

セコムの申込

セコムのポイント

セコムの申込


セコムの申込